新型 ディスクロード 最終テスト中

2016-11-16 / 商品, ROAD完成車:フレーム / 新型 ディスクロード 最終テスト中 はコメントを受け付けていません。Comments

次期モデル(と言っても、もうスグですが)として、追加予定のディスクロードをテスト中です。
img_4802現在、Project-Kオリジナルとしては 021Talia Discが有りますが、
私が現在乗っているバイクは、製作工場側の都合で生産しない事に成り、次期モデルを検討して居たのです。
当然、世の中の流れもあり、
前後12mmスルーアクスル+フラットマウント・ディスク台座を採用し、
img_4803img_4804
021とは違うロードレースを戦う為のモデルとして考えていました。
その中での一つの形が、今回テスト中のモデル。

剛性感は必須。
比較的硬めな味付け+サイズ毎のジオメトリーを採用しそれぞれに納得いくように。
展開サイズは少なくし、サイズ迷いを減らせるように。
空力も少しは・・
img_4806
等等・・・色々とね。

で、今テスト中です。

剛性感ですが、予想以上。これでヨーロッパもOKしてるって言うので、そのままでいいか・・・
走ったイメージは、GURU Photon R みたい。
まぁ、乗れば解りますよ(と、今の所はごまかしておきます)
ハンドリングは、好みに上がりました。今まで同様、スパって曲がる感じ。

もう少し乗って問題点出なければ、GOです。
というか、モデル名で悩み中・・・・なので、ほぼGOですね。

価格的にも今までと変える気はないし。
という事で、新型モデルの事前紹介でした!

Read More

ミシュラン POWER ENDURANCE 使ってみた!

2016-05-03 / タイヤ, 商品 / ミシュラン POWER ENDURANCE 使ってみた! はコメントを受け付けていません。Comments

今シーズンの話題のタイヤの一つでしょうね。
ミシュランから新しく出たPOWERシリーズの中から、耐久性を重視したというENDURANCEをテストライド。
2016-05-03
なぜにコレ?? と言われそうですが。。
今シーズン久々に走っているブルベ用に なんですよ。
これまでは、IRC ASPITE Dry 700X26Cを使用していました。
グリップ感、転がり抵抗の軽さ、クッション性、耐久性&パンクに対する耐久性
全てにおいて、とても優れたタイヤです。
ほぼ、1年半使用しましたが、一度もパンクしていないんですね。
実際、未だ未だ使えそうなんですが、そう言ってたら新しいタイヤのテスト出来ないよな~~って事で、ここいら辺で諦めて交換です。

今回から使用するタイヤは
ミシュラン POWERシリーズ ENDURANCE 700X25C をチョイス
ロングライドでの疲労軽減を考えて、25Cを。
空気圧は、前後とも6.5気圧で走ります。

まず、タイヤを太くする事のメリットとデメリットを。
1:メリット
クッション性が良く成る=乗り心地が良く成る
*タイヤが太くなる分、中の空気量が増えます。それでクッション性が良く成ります。
更に、少し低圧(23Cに比べて0.5気圧程度)で走れる分更にクッション性が増します。

グリップが良い
*タイヤの接地面が横長に成るので、サイドグリップが良く成ります。
カーブを曲がる時には、安心ですね。

2:デメリット
タイヤが重く成る
23Cに比べれば、少し重く成ります。とは言え、2世代前の23Cの重量ですが。
*23C で200g前後 ENDURANCE 25Cで、230g

さて、23C⇒25C のメリット・デメリットを書きましたが
これだけ見たら、25Cのほうが良いじゃん?って感じですよね。
でもね。。
日本で速く走る為には?って聞かれたら、23Cを薦めます!
トータルして、速いのはやはり23C
でも、楽なのは25C って感じですね。

日本は道が綺麗だからね~~~

さて、、
走ってみた感想は?

まず、走りはじめて最初に感じるのは、クッション性
タイヤ全体が変形しながら振動を吸収してる感じ。
でも、路面の感じは何となく伝わります。
この路面の感じってのが大事で、今道は荒れてるの?スムーズなの?滑りそうなの? って感じがタイヤを通して伝わってくるんですが、これが判らないと何となくね~~
ASPITE に比べると、少しあいまいな感じがする位クッション性が良くなっているんですが、それでも舗装の感じが変わるのも判ります。

最初の20km位は、ふんだ感じが少し重いかな??って感じたのですが、20~25km過ぎた辺りからは、軽く進むように。一皮むけた?では無いですが、新品の表面ってなんか着いてるのですかね?
その後は快調に進むようになります。この転がり感の軽さは23Cと変わらない?と思うほど。
コーナーのグリップ感は、めちゃくちゃ自然な感じですが、安定感!!と言うのが適切だよな。と言いたくなるほど、安定して曲がります。
グリップ感 自体は、ASPITEの方がグリップしてる!と言う感じがするけれど、ミシュランPOWER は自然とオンザレールで曲がっちゃう そんな感じ。
事実、いくつかのコーナーで少しイン側に寄り過ぎてしまったほど、自然なんです。

まぁ、今日は40km程度のインプレ走行しかできていないのですが
ファーストインプレッションとしては、
さすが ミシュラン!
安心だね!

といった感じ。 使って損は無いと言えるかな。
後は、今週末200km走るから、その後ですね。

今日走ってみた感じでは。。
この先のブルベはこのタイヤで走ろう。と思えるタイヤです。

Read More

新型リムのテスト開始???か????

2015-02-20 / ホイール, 商品 / 新型リムのテスト開始???か???? はコメントを受け付けていません。Comments

昨今のROADカーボンリムはワイドワイド~~って
MTBなんて100mm幅とか有るし!!
あれ??なんか違う???

いやいや、ROADもワイド化が激しいですよね。。
Project-Kでも、2年前から23mm幅のリムを投入して居ましたが
この度!!!!

27mm スーパーワイドリムを投入・・・するかも??

001

なので、テストです。

形状的には・・・・・絵がないや。。
リムの中間辺りが膨らんだタイプ。 そうですね。。。ZIPPみたいなヤツって言えばいいのかな?

ブレーキの当たり面は25mm幅です。

実は・・・半年位前からリムだけは来てたんですけど、
見た目が余りにも太くて、組む気に成らなかったんですよね。

これが23mmワイドリムの側面

003

こっちが 27mmスーパーワイドリムの側面

002

膨らんでるでしょ?
で、コレの何処にメリットが有るの??と悩んでいたら
面白い記事を見つけたので、組む気に成りました。

タイヤを嵌める部分=ブレーキ当たり面の幅

ココが広がることで、タイヤを太くするのと同じ効果が有る・・と。
考えてみれば、そうですよね。。

最近の25cや26cタイヤのメリットって、エアボリュームから来る乗り心地と
太さゆえのコーナリンググリップ。
そして変形効率による、低回転抵抗って言われてます。

この低回転抵抗ってのは、、、、う~~ん。。ナイナ~~~
ってのが、個人的感想だけど。

何より、タイヤが太くなると重くなるじゃん??と思ってたんですよ。
そうしたら、リムが太くなると、細いタイヤでも太くなるのと同じ効果が得られるらしい・・
との事??
なので、やってみようじゃん??と

23mm幅リムに IRC ASPIDE 26Cタイヤの組み合わせ
(只今使用中の組み合わせ)

005
タイヤ幅は25mmって感じですね。

27mm幅(ブレーキ面25mm)リムに PRO4 23Cの組み合わせ

006

(・_・)……ン?
25mm幅???

いや・・25mm以上有るよ????

確かにタイヤの幅は太くなりますね。
これは、メリットあるかも?

但し
リムも重くなるんですよ。
同じ50mmハイトのカーボンクリンチャーリムで比べると
23mm幅で 500g
27mm幅は 520g  *共に製造メーカー公表値

この重量差は、タイヤの重量差とトレードオフだな~~

と成れば、後は空力の違いか??

それは体感出来るとは思えないぞ。。。

と言う事で、テストなんです。
実際に走ってみたい という方・・
試乗出来ますよ。(前輪のみですが)
お声がけ下さいませ!!

Read More

Taila Disc テストライド

2014-07-10 / 商品, ROAD完成車:フレーム / Taila Disc テストライド はコメントを受け付けていません。Comments

新しい規格として定着するか??
それも含め、新しく導入する予定のカーボン・ディスクロードをテストライド

TaliaD_01s

Project-K 002 コードネーム:Talia Disc です。
素材は東レ T700を使用し、
フレーム重量は1100g前後
まあ、カーボンフレームとしては標準的な重量ですね。

TaliaD_02

フレームのディスクブレーキ台座はチェーンステーに装備
ブレーキングによるフレームの歪みに対応し、
更にはブレーキングの反力による後輪の跳ねを防いでいます。

シートステーは上下に撓ませた構造。
これが乗り心地にどう影響するか?

TaliaD_03

BBは68mm(スタンダード)とBB86が選べますが、今回はBB86で組んでみました。
68mmBB幅まで広げられたダウンチューブとシートチューブBB側が
踏み込んだ時のBB回りの不要な揺れを防ぎます。

エンド幅は、フロント100mm リヤ135mm
今回の試乗車はシマノ New105・11s(5800)で組んでいます。
ホイールはオリジナル38mmカーボン・クリンチャーリムを使用
タイヤ ミシュランPRO4SC 700X25C (空気圧7.0bar)
ブレーキは シマノ BR-R517 メカニカル・ディスクブレーキ

 

さて、走ってみた感じは??
2014-07-08 11.09.09
踏み出して感じるのは、良くも悪くも 普通。。
硬くも無く、柔らかい訳ではない。
ある程度力を込めて踏めば、BB回りのシッカリ感が有り、軽快に踏める。
かと言って、硬さからくる反発力が・・と言う感じではない。

軽目のギヤで回せば、安定したBB周りのお陰でクルクルと周り
登りや平坦で踏んでみれば、嫌なタワミも無く加速していく。
至って優等生的な踏み心地。

そしてビックリしたのは、乗り心地が良い。
多少の舗装路のひび割れは、ほぼ感じないほどに衝撃をフレームが吸収してくれる。
実際には、割れているのは分かるのだが、気にならない。
マンホール等を踏んでみても、全然気にならない。

コーナリングは素直。狙った所に素直に入っていける。
タイトコーナーや高速コーナー等気にして曲がってみたが、
これぐらい狙った場所に曲がれると、ワインディングロードでも楽しく走れるのでは無いだろうか。

 

気になるブレーキだが、これはある意味予想外に良かった。
ディスクローターは標準で140mmを使用する。
更にメカニカルで廉価版キャリパー(レジンパッド)を使ってみたのだが
必要十分だと言える。
ブレーキングの感覚は、そうだな~~~~
カンパみたい!!
ブレーキの効き始めは穏やかで、握り込む程にリニアに制動力が増していく感じ。
後輪はロックする程に効く。
もっと制動力が欲しい場合は、メタルパッドに交換する・ディスクローターを160mmにする。等の対策でもっと効くように成る。
そして、ブレーキでのハンドリンクに対する癖のような物は。。。
個人的にMTBに長く乗っているが有るかも知れないが、マッタク気にならない。

 

このフレーム。。。
正直言って、ブルベやロングライドに最適なんじゃないか??
振動吸収に優れ、踏んだ感じで疲れるような反発も無く、コーナーでも狙ったように曲がる。
そして、天候に左右されないブレーキ。

自分で言うのもナンですが、かなり良いです!

Read More

コードネーム Phantom

2014-06-23 / 商品, MTB:完成車・フレーム / コードネーム Phantom はコメントを受け付けていません。Comments

プロトモデル テスト開始です。

オリジナル ROADフレームとして採用出来るか?
走ってみないとなんとも言えません。

決してハイエンドを狙ったモデルでは有りません
ハイエンドモデルは、オリジナルには必要有りません。
(今のところは・・・・・)

さて、どんな感じでしょうね??
バイク自体は隠さず店頭に置いてあります。
いつでも見れますよ。

001

010006011

 

 

 

 

 

008002003

Read More

只今TEST中!!??  カーボンリムでチューブレス?

2014-05-29 / ホイール, 商品 / 只今TEST中!!??  カーボンリムでチューブレス? はコメントを受け付けていません。Comments

先日からTEST中の カーボンMTBリムなんですが
以前某国内タイヤメーカーさんに見てもらった時に
これ・・・・チューブレス行けるかもね???って言われてたんです。

で!!!
018んじゃやってミッカ???って事で

TEST中
と言っても、実際には既に1週間加圧テスト済なんですけどね。

どうやってるの??と言われそうなので、公開しちゃいます!
あ・・・・このホイールね。

016

今回は、27.5 XC用ホイールで!

リヤコグ+ローター付き XT ハブの142幅です。
んで、この重量

017

さて、タイヤ・チューブ・リムテープ 全てはずします。

019
ソコへ、先ずはリム穴塞ぐテープを。
そんなに高圧にするワケじゃないから、要らないって言えば要らないのかもね~~

020
その上に、エアーシールに成るテープを巻きます。

021
さて、バルブ部分に穴を開け、チューブレス用バルブを装着。
023
ホイールの作業は、コレだけ。

タイヤはこれ、チューブレス用でもなんでもないんですよね。。。。
だからってワケじゃないですが、
シーラント剤を使います。

024

そしたら!!!!!!

いや~~~~~~、これバッチリなんですよ。

これで、重量は・・・・・
あれ??? 一緒?????

025

(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ チューブが無くなる分 シーラント剤が入るので
ほとんど重量的なメリットは有りません。

んじゃ何が有るの???って話ですが。。。

チューブレスとしてのメリット  転がり抵抗の減少とタイヤの変形率の向上は有るかと。

ソレはまともに走ってから・・・ですが。
まあ、コレもお試しですからね~~~。

と言うことで、お次は????
[岩蔭|]^⌒)bうふっ

Read More

最近テスト中のブランド  ALERO です

2014-04-18 / グリップ:バーテープ, 商品 / 最近テスト中のブランド  ALERO です はコメントを受け付けていません。Comments

最近色々とテスト中の品物が有りますが
全て、このALEROの品物。

001

ALEROは
当Project-K での独自輸入商品です。

今回ご紹介するのは、バーテープ。

2種類ほどテスト中です。

先ずは私が使用しているタイプ。
薄めのマイクロ・テックスに薄めのスポンジが重ねてあるタイプ。
太さ的には、チョット細めな感じで
それでも、クッション性が有るっていう、不思議な感じ。
& もの凄いグリップ感です。

指付きグローブだったら、グローブが持って行かれそうな感じ。
全く滑る気がしません。
これでカラーは4色
白・黒&この2色

009

 

 

もう1種類は、サキコさんが巻いてます。
&店内でローラー台に設置してあるバイクに巻いてます。
素材はマイクロテックスのみ。
太さは、丁度fizikのバーテープの薄い方の感じ。
つまり、細めです。 が!!
グリップ感が絶妙なんです。
グリップしすぎる感じではなく、なお且つ滑る感じでもなく。。
この絶妙さってなんだろう。。。
もう、触ってみて! ッて感じです。

今回のテストが好調なので、正式に取り扱おうかな~~ なんて。。。
5月半ばからかな??
予定価格 ¥1500~1800-程度です!

現在お試し価格で提供中です。

Read More

フローティング ディスクローター テスト開始??

2014-04-05 / トピックス, 商品 / フローティング ディスクローター テスト開始?? はコメントを受け付けていません。Comments

これまで、日本国内で販売されているMTB用ディスクローターで
フローティング構造の物がどれだけ有っただろうか?

001

そもそも、フローティング ローターって??
という方のほうが、多いのでは?

すっごく簡単に説明すれば、ディスクローターをホイールに止める部分とブレーキパッドが当たる部分が別の部品で出来ていて、その途中を浮かせて固定している状態の物を言います。

004

005

利点は。。。

エットですね。

こちらのサイトが、詳しいです。
http://kissnon.ram.ne.jp/kou/f_d.html

 

ローターのセンダー部分は7075AL
そして、ディスク部分はナント! 日本製のステンレスローター

今回はテスト用に160mmのみを入れてみました。
流石にいきなり203mmでDHテスト って怖いんでww
調子良さそうなら、入れようかな??と。

お値段 予定価格ですが
1枚 ¥9,000-位になるかな???

ちなみに重量
160mmで 100gほどです。某XTRより軽いんですww

Read More

新型ローラー台です

2014-04-03 / ローラー台, 商品 / 新型ローラー台です はコメントを受け付けていません。Comments

え~~
本日 こんなのが届きました。

昨今話題の、とても静かな固定ローラー。
そして、タイヤがすり減らない!!

なんとも素敵なローラー台です。

ELITE TUBRO MUIN

2014-04-03 21.32.40
後輪を取り外し、代わりにこのトレーナーを取り付けます。
この利点は数多く有り、それを理解する為には・・・・

乗ってみるしか無い!!

と言うことで、店頭テストが出来るようにします。
& 色々出来るようにww。

まぁ一度に全部が出来るわけじゃ無いから、徐々にね。
組み立てたら、又紹介しますね。。

さぁて、、、どうしよっかな(笑)

Read More

MTB用カーボンリム テスト中??!

2014-02-01 / ホイール, 商品 / MTB用カーボンリム テスト中??! はコメントを受け付けていません。Comments

現在 好評を頂いている オリジナルカーボンリム(700C&20in)に
MTB用が追加出来そうです。
2014-01-30 18.38.13

と言っても、若干不安なので
サンプルにてテスト開始してます。

今回テスト入荷したのは
29 XC用&27.5 XC用

先ずは29 XC から

手組に成るとハブのスポーク数の問題から、32H のみに成ってしまうのが悩みどころ。

とは言え、スポーク本数多いほうが安心だよね~~
って事で、32H/3cross で組んで見ました。

完成ホイールの写真写してないや・・・

ハブは、HALOのハブを使用して
スポークは標準的な 14-15のダブルバテットスポーク
それで重量は
フロント 700g
リヤ   850g
合計  1550g なので、かなり軽量です。

なんといっても、リム単品で 340g(公表値)*実測330gですからね。

と言うことで
走ってみました。

2014-02-01 11.20.21

第一印象    軽っ! (当たり前スギ)

第二印象    硬い(剛性が高い) 
             ホイールとして硬いですね。
スポーク本数だけの話では無いと思います。
リム単品として硬いのでしょう。
コーナー等で抉っても、よれている感じがしません。

欠点       硬いって事から来る印象ですが、微振動を伝える感じです。
サスのセッティングを考えないと・・・・・・・

取り敢えず、舗装&ダートで20km走ってきて、殆ど振れは無し
2014-02-01 11.20.08
もう少し乗ってからの判断でしょうが、概ね問題無い感じですね。
暫くテストして、大丈夫そうなら、詳細公開しますね

現品は私のOPUSに装備してあるので、いつでも見れますよ。

Read More