次の時代へ

今日 9月20日
Project-K は
26年目に向かいます。

そして、次の時代へ!
これから何年 なんて言う気は全く御座いませんが
新しい気持ちで、
そして、いつも時代を見据えて。

これからも宜しくお願いいたします。

Tags:
Read More

ロードとシクロクロスとグラベルロード??って 何が違うの?

2016-09-17 / 商品, ROAD完成車:フレーム / ロードとシクロクロスとグラベルロード??って 何が違うの? はコメントを受け付けていません。
最近話題に成り始めている グラベルロード。
さて???
ロードとシクロクロスとグラベルロード??って 何が違うの?
そう言う疑問、有りますよね。
簡単ですが、Project-Kなりにお答えします!

 

ロード(ROAD Racer
img_4731
基本的に舗装路(ターマック)の上で競争をする為に生まれた車種です。
その為に、いかに速く・いかに遠くへ・いかに楽に 到着できるか?を研究・追及して進化し続けています。
速く走る為に、空気抵抗を減らし、速く登る為に重量を減らし。
疲れない方が力が出せるから。。と適切な硬さを研究し。

あくまで競技をする上での「疲れない」なので、練習した人での話ですけどね。
タイヤは細目 700X23~25C でタイヤクリアランスも少ないです。
太めのタイヤ(700X28C)に交換は、、、厳しい??
img_4732img_4733
img_4728img_4729img_4730

シクロクロス(CX
img_4725
ロードで、舗装以外のコースで競うようになって変化していったヨーロッパ生まれの車種の一つ。歴史は古いですよ。
コースの特徴が、基本的に平坦(若干の登り下りは有る)・土や砂、木の根などの路面を選んでコースは作られる。
一周が短く(12km程度)テクニカルな為にストップ&ゴーが多く、加速性能が大事
その代わりに、高速での巡航は殆どない
と言った特徴が有ります。
街中での信号ダッシュなんかはとてもいいですね。
でも、ロードのような
長距離はチョット苦手
オフロードを走行できるように、タイヤは太め 700X32C なので、乗り心地やクッション性は良いです。
 img_4726img_4727

 

グラベルロード
img_4718
ここ数年で出てきた車種
シクロクロスと似ていますが、アメリカ生まれの出来立てほやほや。
レースをする為 では無く、未舗装の道(グラベル)を少し速く、遠くへ、楽に。って造られた車種。
走る道は、登りも下りも有るし、色んな路面を走るので、タイヤは太め(700X3052C
加速性能は普通でいいから、巡航性能と安定感が重視されます。
タイヤを細く(700X2528C)に交換する事で、ロードの様に走れ、太めのタイヤ(700X3852C)を付ける事で、MTBの様に。そしてツーリング車のようにも使えるという事で、色んな用途で紹介されるのでチョットこんがらがったイメージに成っちゃうかな?
img_4720img_4719

いまどきの説明で言えば、SUVみたいな? って感じです。img_4721
最近は、このグラベルロードで行うレースも有るようで、レース用の車種も出てきています。それがグラベルレーサー ですが、未だ少数派ですね。
img_4723img_4722img_4724
どうです?
ザックリとした感じですが、伝わったかな?
ご自身の用途と、やってみたい事
それを加味して選ぶと良いですね。

Tags: , ,
Read More

房総は通年使いますよ! 汗止めヘッドバンド Halo 入荷です。

2016-09-13 / ウエアー, 商品 / 房総は通年使いますよ! 汗止めヘッドバンド Halo 入荷です。 はコメントを受け付けていません。

夏場もそうですが、登りを走っていて
額の汗が爽やかで~~~~

じゃなくて。。。。。

ヘルメットから流れてくる汗が目に入って、不快な思いをする事は有りませんか?
房総半島では、夏場だけでは無く冬でも、汗が流れるほど暑くなっちゃいます。
img_4709その、額の汗を上手く横に流してくれるヘッドバンドが入荷しました。
以前から SWEAT GUTR というヘッドバンドを販売していましたが
今回新たにHalo(ヘイロ)を追加します。

使ってみた感じでは、大量の汗をかく場合はSWEAT GUTRの方が確実に流してくれます。
Haloの方が、フィット感はイイですね。

この2種類は好みの問題かな?

まだまだ汗止めが活躍する房総半島です。
使う価値有りますよ。

Halo プルオーバー ¥2,400-

Tags:
Read More

廉価版 カーボンホイール 組んでみた!

2016-09-11 / ホイール, 商品 / 廉価版 カーボンホイール 組んでみた! はコメントを受け付けていません。

先日UPした ハイドフランジのハブを使用して
廉価版のカーボンホイールを組んでみました。
img_4713img_4714
リムは50mmハイトのクリンチャー
標準の14プレーンスポーク & アルミニップルを使用して組んでます。
リヤハブの組み方は本当に普通のクロスで。

練習にも使えるように と組んでみました。

コレで重量は・・・・

img_4715img_4716
アレ?? 前後で1510g?
十分軽いかも?

販売価格
¥75,000-
限定2セット

イカガです?

実際に自分がテストし始めた頃の組み方なんですよね。
上を上を!!と目指して、初心を忘れると良くないね。
と、初心に戻って組んでみました。
F18H R24H って廉価版のハブが通常では手に入らないので
仕方ない! 自前でそろえる。。。と。
やはり、出来る事はする。
性能優先! 名前(ブランド?)は関係ない。

そこ、基本かな。

Tags: ,
Read More

WRIGHT SOCK (ダブルレイヤーソックス)

2016-09-10 / ウエアー, 商品 / WRIGHT SOCK (ダブルレイヤーソックス) はコメントを受け付けていません。

通年通して快適性を追求した
WRIGHT SOCK:ライトソックス が入荷しました。

img_4710WRIGHT SOCK の最大の特徴は
2層構造に成っている事です。

外側の層と内側の層
それぞれに特徴が有り、2層になる事でのメリットも有るようです。
img_4712
内側の層は、無色にして吸湿性と通気性を確保しています。
外側の層はそれぞれに特色が有るようですが、今回入荷した物はサイクリングに適した形状と素材で、通気性・速乾性を確保しています。
共に薄い素材を使用しているので、気に成るような厚みは有りませんね。
technology

そして、2層に成っている事で生まれる最大のメリットは
2層のソックスが動くことで、足自体と靴下が擦れる事が減る との事。
その事が、足の温度上昇も抑えてくれるらしい。

さらに、2層構造の靴下を3か所で繋ぐことで、中で撚れたり偏ったりという事が有りません。
これは良い構造ですよ。
サイズは3種類
S 21~23cm
M 23.5~26cm
L 26.5~29.5cm
価格 一足
¥1,800-

さて、この靴下、
早速使ってみます! 使った評価はまた後日。

Tags: ,
Read More

1/4Century なんて驚きだ

2016-09-05 / その他, トピックス, 商品 / 1/4Century なんて驚きだ はコメントを受け付けていません。

Project-K は、皆様のおかげで
9/20に 25周年を迎える事に成ります。

思えば、26歳の時に思い切って始めた今の仕事
思うように行く事・行かない事を繰り返しながら進んできた25年
自分で考えても、良く続いてるな。。そんな気に成りますね。
一言で25年ですが、怒涛の25年だったような気もします。

それもこれも
全ては、ご愛顧頂いているお客様のお蔭と感謝いたしております。
という事で!

9月21日迄 の期間限定ですが

店内全品 20%OFFにて

ご提供いたします。

(特価表示品を除く)

 当然、新製品も含まれます!

既に一部25%offとか、、
現品限りで30%off とかも有りますが、それはソノママで。

これからも、宜しくお願いいたします。

Tags:
Read More

久々に朝練のお話しなど

2016-09-05 / 朝練, Club-PK / 久々に朝練のお話しなど はコメントを受け付けていません。

Project-K では、毎週日曜日 朝9時からROADの朝練を行っています。
車種はROADに限った訳では無く、舗装路を走ってるよ。って意味で考えてもらえれば良いかな? と思いますが。

朝練に参加する条件は??って聞かれる事も結構有ります。
条件は・・・・
1:ヘルメット 被ってください。
2:一般人としての常識 持ってください。
3:諦めない! の心を持ってください。

*当店お買い上げの自転車じゃなくてもOKです。

実際に走ってる方の大半はロードレーサーです。
シクロクロス で走ってる方もいらっしゃいます。

走る速度ですが、
その時その時のメンバーで変わります。
ある程度走れる人達だけの時は、それなりに早く成りますし
初めての方や初心者の方が多い時は、ユックリグループが出来ます。
ココで「諦めない!の心」が必要になるんです。

どんな時でも、どんなグループでも速い人が居れば遅い人が居ます。
遅いから、、、と諦めていれば、いつまでたっても走れるようには成らないよ。。
そう思っているのです。

(だから体育会系って言われちゃうのかな?笑)

続けることで、走れるようになる。
時間???かかりますよ。半年位かな??
最初は、「付いて行けない。。」
そう言っていた方が、しばらくすると「付いて行けるようになった!!」って。
そのうち、あれ??曳いてない??って成る方が多いです。

しかし、走れないから・・・と、続け無い方は、
いつまでたっても走れるようには成らないんですね。
継続は力なり  昔の人はイイ事言うよな~~ って思ってます。

なので、諦めずに続けましょ。

さて、、、
先日の朝練。

この所、チョット人数少な目かな?
って思っても、実際9名なんですよね。
ドコが少ないんじゃ~~~~ って自分で突っ込みたくなるww
Read the rest of this entry »

Tags: ,
Read More

AXMAN!!

2016-08-29 / 商品, ROAD完成車:フレーム / AXMAN!! はコメントを受け付けていません。

話題のAXMAN が入荷です。

AXMAN とは、台湾で多くの有名ブランド(フランスのXXXXとか、イギリスのXXXXXmanとか・・・)をOEM生産している工場が立ち上げた自社ブランド。
そう、あのGIANTやMERIDAと同じ。
その規模もMERIDAに次ぐ3番目の規模の会社だそうだけれど、このAXMANの素晴らしい所は、設立後3年にもかかわらず、既にアジア大会等で目覚ましい活躍をしているという所。

そのAXMANから、まずは上位2機種
カーボンフレームのモデルが入荷です!

FALCON S3
IMG_4701東レT1000カーボンを一部使用するハイエンドフレームに、シマノULTEGRAを組み合わせた完成車モデル。
このスペックでこの価格??!! と驚きの超コストパフォーマンスと言える。
ホイールもMAVIC KSYRIUMを採用している。このままでも十分レースに出られるでしょ!

基本的に固めのフレームだけれど、レーシングスペックだと思えば当然かも。
IMG_4702
まるで、フランスのあのメーカーの・・・と言いたくなるような見た目も、仕方ないかもね。
コレで完成車価格
¥280,000-(税別) だから、素晴らしい

シートピラーのサドル固定位置は4か所選択。
IMG_4698IMG_4699
これにより、乗車位置がカナリ調整可能。
一番前に出すと、TTっぽくも使えるかも? トライアスロンのオリンピックディスタンスやハーフアイアンマンにも良いかもね

トップチューブには粋な一言が。
IMG_4706
SPRINT UNTIL YOU FLY
言うならば、飛ぶまで踏め かな?

2台目のモデルは

TEAM C1
IMG_4704フレーム素材は 東レ T800と言われている。
いわゆる30tカーボンなのだか、この素材は十分レーススペックの素材
踏んでみた感じは硬めだけれど、硬すぎない。
オールラウンドに使えるフレームの感じ。
初心者~中上級者まで、十分使えるフレームだとおもう。

仕様コンポは 安心のシマノ105

若干ワイヤーに手抜き(価格調整と言いなさいww)が見られたので
Project-Kでは、シマノのワイヤーに交換済み。
ホイールが・・・と思ったら、ものすごく良く回るハブが使われていたので、ある意味かなりお得な選択だったのかも。

この仕様で
¥180,000-(税抜)は、あり得ないほどお買い得!!

トップチューブには・・・・

IMG_4705

ごもっとも!

Tags: ,
Read More

ちょと長野まで?? BRM820 宇都宮600km(伊那) 走ってみた!

2016-08-22 / TOP, ツーリング・レース・イベント / ちょと長野まで?? BRM820 宇都宮600km(伊那) 走ってみた! はコメントを受け付けていません。

今年は久々にブルベを走ってます。
やるからには、今回はSR(Super Randonneur:シュペール ランドヌール)の称号を狙おうかな?と。。

SRとは? ←ここをクリック!

これまで、既に200km300km400kmは走ってきました。
残すは600kmのみ。
さすがに600kmは2日掛かるもんな。。
そんなにお店も休んでられないし。。
と、スケジュールと開催場所を検討した結果、出られそうなのはこのBRM820 宇都宮600kmだけ。ルートを確認してみたら、まあ、何とかなるでしょう?と。

*開催場所が遠いと、行くために1日余計に必要だから、3日休む事に・・・それはムリ~~~

ん??山岳ブルベって書いてある。
確かに、ルートラボデータで600kmで獲得標高6000mを超えてる。
確か宇都宮のブルベってキツイって話だけど。。。。
でも、千葉のブルベでも結構登ったから大丈夫だろ~~~~ ってカナリ軽い気持ちでポチットな(笑)
これが、始まりなのでした。。

今回はメチャクチャ長文です。
長いよ~~~
Read the rest of this entry »

Tags:
Read More

ワイドフランジ

2016-08-18 / カスタム, トピックス, ホイール / ワイドフランジ はコメントを受け付けていません。

ハブを見る上で、実際にあまり注目される事のないスペックに
フランジ幅 と言う物が有ります。

左右のスポークを掛ける場所を”フランジ”と呼んでいますが
その左右間隔を指す数字の事ですが、この幅が違うと何が変わるの?という部分。
実際には、色んな意味で変化が大きいのです。

幅が違うと何が違うの?? と言う質問は当然ですよね。
スポークを張ったホイールとしての話ですが
簡単に言えば、
フランジ幅が広いと、ホイールの横剛性が高く成ります。
フランジ幅が狭いと、空力特性が良く成ります。

と、相反する所が有ります。

で!!!

今回は、剛性に特化しちゃおう! という事で
ワイドフランジハブをご紹介。
IMG_4692と言っても、ワイドなのはフロントだけです。
IMG_4693

フランジの直径は、小さいですよ。
IMG_4694
アメリカンクラシック MICRO58と比べてみても、ほぼ同じですね。
しかしそのフランジ幅は。。。。
フランジ幅を広げて剛性を上げた! と言っているシマノ のホイールと比べてみました!

IMG_4695上から、アメリカンクラシック:シマノ WH-RS81:新型ハブ の順

一番広いでしょ。
これだけ広ければ、横剛性に関してカナリしっかりしたホイールが組めるんじゃないかな??と期待しています。

と、言う事で、近々限定完組ホイールとして販売予定!
価格もお手頃予定。
乞御期待!

Tags: ,
Read More